スケルトンリフォームを行う理由

◯スケルトンリフォームとは?
「スケルトンリフォーム」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
リフォーム方法の1種で、家の骨組み部分のみを残して取り壊すという大掛かりなものです。
中古のマンションなどで行われることの多い方法ですが、一戸建て住宅に対しても使用されることがあります。

リフォームと言うと、床や壁の張替えなどを行う「表層リフォーム」や、キッチンやトイレなどを新しくする「部分リフォーム」などが一般的です。
「家中をリフォームして、まるで新築のような住宅に!」などと宣伝されているリフォームでも、ほとんどがこの表層リフォームと部分リフォームの組み合わせであることが多いです。

スケルトンリフォームはもっと大掛かりです。
構造体部分を残し、壁などもすべて取り払うため、大掛かりな間取りの変更も可能です。通常のリフォームでは難しい、キッチンや浴室など水回りの移動もできます。

◯スケルトンリフォームの欠点
スケルトンリフォームには長い時間と多くの費用がかかります。

建て替えで古家を完全に壊してしまう場合、解体は重機を使用して豪快に進みます。更地にするのもそれほど時間はかかりません。

しかしスケルトンリフォームの場合は、構造体を傷つけずに残さなくてはなりません。重機を入れられない場合は、人の手で解体をしなければなりません。当然効率は悪く、時間も費用もかさみます。

解体を進める中で、残す予定の構造体部分に問題が発覚することも少なくありません。
柱が腐食していたり、白アリの被害にあっていたりなど、修繕や入れ替えが必要だと分かることも少なくありません。事前に築年数や外側の状況からある程度の劣化状況については想定しておきますが、古い住宅ほど予定外のトラブルに見舞わされやすいです。

構造体の問題は床や壁、天井などを外さなければ分からないことも多く、予定外の工期延長や出費に繋がります。
柱や梁などに問題があったり強度が不足しているとわかった場合は、部分的に入れ替えたり、筋交いを増やしたりします。また、基礎部分の強度が足りないことがわかった場合、コンクリートを追加するなどの補強を行います。

スケルトンリフォームが行われる住宅は古く劣化が進んでいることがよくあるため、残す構造体部分にも手を入れなければならないケースが多いです。

◯スケルトンリフォームはやむを得ず行われる
欠点ばかり目立つスケルトンリフォームですが、なぜわざわざそんな手間のかかる方法を取るのでしょうか。古い家を直さず、新築した方が手っ取り早いのではないかと感じることでしょう。
テレビ番組でも、スケルトンリフォームを行っている現場が一時期よく放送されていましたが、「どうしてこんなまどろっこしい方法をしているのだろう」と気になった人も多いはずです。

実際その通りで、スケルトンリフォームを好き好んで選ぶメリットはまずありません。
リフォームというと新築よりも安価なイメージですが、スケルトンリフォームは手間も時間もかかるため、新築よりも割高になってしまうことが多いです。

基本的に、スケルトンリフォームが行われるのは、それしか選択肢がない時です。

主な理由は土地と建築基準法に起因するものです。
建築から時間の経った古い住宅の中には、現行の建築基準法に沿わないものもあります。住んでいる分には特に支障はありませんが、建て替えるとなると話は変わります。
新築の場合は現行の建築基準法に則らねばならず、その結果、狭くなったり建てられなかったりの不都合が生じることがあるのです。
そんな時に採用されるのがスケルトンリフォームです。

◯道路の幅とセットバック
建築基準法では、宅地に接する道路には一定の幅が必要と定めています。
しかし、昔からある道路の中には、法律上で必要とされている4mの幅に満たないものも存在します。

道路が4m未満の場合は、建物を建て替える際に住宅の敷地を下げて面積を減らし、その分の道路幅を確保することになっています。
この敷地を下げることを「セットバック」と呼び、特に古い住宅の多い密集地に対象が多いです。

セットバックは数十cmから数mに及び、狭い敷地の多い密集地ではこのセットバックが致命的になることも少なくありません。住宅が狭くなってしまうのを防ぐために、新築ではなくスケルトンリフォームを選択して床面積を確保しているのです。

◯新築ができない土地
そもそも新築という選択肢が取れないケースも存在します。

現に住宅が建っているのに、新たに建て直せないのは不思議かもしれません。これも、建築基準法の変更によって生まれてしまった問題です。

現在の法律では、敷地が道路に2m以上接していないと住宅を建てることができません。
「旗竿地」と呼ばれる、敷地本体が道路から奥まった位置にあり、道路とは細い通路でつながっている土地があります。古い住宅に多く、中には道路と設置している長さが2m未満のケースもあります。
こうした旗竿地の場合、建て替えは不可能です。スケルトンリフォームで対応するしかありません。