【体験談】先のライフスタイルを見据えた結果、「平屋」の家を建てることに。

私と夫が家を購入したのは子供たちがまだ幼いころでした。
特別大きな家は最初から考えておらず、とにかく自分たちが歳をとってからも住みやすい家を考えていて、雑誌などを見て検討しました。
結果、子供たちは大人になったら家を出ていくこと、自分たちがおじいちゃん、おばあちゃんになったときは2階へ行く必要もなくなるし、健康的にも2階へは行けないだろうということで、平屋建ての一軒家にしぼりました。

平屋建てにしぼってから、市内あちらこちらの新築平屋建て一軒家を見て回りました。
夫婦の時間があればドライブがてら回り、外見を見たり、モデルハウスをしているところがあれば、中も見させてもらったりしました。
平屋建てでも狭さや圧迫感を感じられない家、リビングから子供たちの部屋が見える家、お掃除がしやすい家、とにかく見たり聞いたりして情報を集めました。
裕福な家庭のようにセカンドハウスなど持てるわけではないので、一生自分たちがその家に住むことを考え、外見、中身だけではなく、周りの環境、交通の便なども考えて計画しました。

家は人生にとって大事なものです。大きい、小さい、新築、中古、2世帯住宅など購入には色々なパターンがあると思います。
自分や家族のライフスタイルに合っていれば、どんなパターンでも良いと思います。
ただ、今のライフスタイルだけではなくて、自分たちが歳をとってからの時のことも想像して家を購入することをお勧めします。

実際、我が家は長男がもうすぐ大学進学のために家から出ていきます。そのうち下の子も出ていくことでしょう。
家に帰ってくることは年に数度あるかないかになってしまいます。それを考えると我が家の場合は平屋建てに決めて良かったと思います。我が家は2世帯はまったく考えてもいないし、その可能性もないので。
夫婦二人には大きな家は必要ありませんから。住みやすい機能性重視の家のほうが良いという場合もあります。

家は一生物です。
この先のライフスタイルまで考えて、情報集めをしてから家の購入を決めることをお勧めします。