テラスとバルコニーの違いは何?

住宅設備の「テラス」「バルコニー」「ベランダ」。これら3つの違い、わかりますか?
なんとなくのイメージは合っても、どこがどのように違うのか説明できる人はあまり多くないのではないでしょうか。

今回はこれら3つの違いを説明するほか、テラスを設置するメリットと注意点、最近話題の「テラスハウス」について説明します。

◯テラス、バルコニー、ベランダの違い
・テラス(Terrace)
元々はフランス語で盛り土を意味する言葉です。
住宅設備においては、
建物から突き出した地面よりも高いスペースのことで、通常建物の1階に隣接してつくられます。屋上のスペースを「屋上テラス」や「ルーフテラス」として、1階のテラスと同じような使い方をする場合もあります。
手すりや屋根の有無は問いません。

1階とつながっている場合、室内とテラスの間で出入りが容易なだけでなく、テラスから庭などの屋外に出ることもできます。

テラスの素材は色々で、コンクリートのほか、木製やタイル張りなど様々な種類があります。

・バルコニー(balcony)
こちらはイラリア後に由来します。
外壁からせり出した手すり付きスペースのことで、基本的には2階以上につくられます。
庇や屋根はありません。

・ベランダ(Veranda)
ベランダという言葉は、ポルトガル語に由来しています。
バルコニーと同じく、外壁からせり出した手すり付きスペースのことで、2階以上につくられます。
バルコニーとの違いは、庇や屋根があることです。

バルコニーもベランダも、緊急時に避難経路となる以外は、庭や外部への出入りには使いません。

◯テラス設置のメリットと注意点
広いテラスはリビングの延長線として利用できます。テーブルや椅子をおき、外でくつろぐことができます。
庭の土や芝生の上に直接テーブルや椅子を置くよりも安定し、清掃やメンテナンスも楽です。

また、リビングとテラスの間に大きな窓があれば、室内から見た時に開放感があり、広々とした空間を演出できます。

テラス設置時の注意点は素材です。
木製の場合、安価な素材を使用していると非常に劣化が早いです。劣化に強い素材もありますが、コストはかさみます。
タイル張りはメンテナンスも楽で耐久性もありますが、やはりコストは高めです。
コンクリート性の場合は、照り返しと重量に注意です。コンクリートのテラスが窓際にあると、夏場は非常に熱くなります。また、建物本体部分と違い、外側は地盤補強が不十分なこともあります。重いコンクリートのテラスを載せても大丈夫かどうかの事前確認が必須です。

テラスは建物の外側に位置する関係で、外壁デザインとの兼ね合いも考えなければなりません。素材選びには慎重になる必要があります。

◯テラスハウスとは?
テラスハウスとは、低層集合住宅のことです。長屋のようなイメージで、戸建住宅が壁を共有する形でつながって建てられたものを指します。
壁はつながっていますが、家としての機能や設備はそれぞれ独立しています。
低層集合住宅のうち、敷地を共有しているものをタウンハウス、敷地が独立しているものをテラスハウスと分けて呼ぶこともあります。

「テラスハウス」という名前でも、いわゆるテラスの設備がない場合もあります。特に土地面積の限られる都市部では多いケースです。

テラスハウスは一戸建てでありつつも、極力土地を節約して建てることができます。集合住宅と一戸建てのいいとこ取りをした住宅です。