「建築条件付き土地」のメリット・デメリット

不動産の広告で見かける「建築条件付き土地」という文言。
何か建築に条件があることはなんとなく分かっても、具体的にその条件がどのようなものか知らない人も多いです。

よく誤解されがちなのですが、土地そのものや建てる住宅自体に特別な条件がある、という訳ではありません。では、建築条件付き土地とはどのようなもので、どんな条件があるのでしょうか?

◯建築条件付き土地
「建築条件付き土地」とは、その土地に家を建てる施工会社が決まっている土地のことです。
土地を購入した人は、指定したハウスメーカーや工務店で家を建てなければなりません。土地や住宅そのものに特別な制約や規制があるのではなく、あらかじめ工事の依頼先が決まっているというだけにすぎません。

建築条件付き土地は、指定先のハウスメーカーなどが直接売り主であることもあれば、他の不動産会社が販売していることもあります。

土地の購入者は、一定期間内(3ヶ月程度のことが多い)に指定先と建築請負契約を結ぶことが求められます。契約が結ばれなかった場合、土地の売買もなかったことになり、手付金も返還されます。

◯建築条件付き土地のメリット
まず販売する側のメリットです。

建築条件付き土地は、土地と建物をセットにする建売住宅に近い性質を持ちますが、建売住宅よりも低リスクです。
建売住宅の場合、購入者が決まる前から住宅の設計を行い、工事を開始してしまいます。できるだけ多くの人の好みに合いやすいように企画されますが、それでもなかなか買い手がつかないこともあります。住宅を建てるのにはかなりの費用がかかるため、住宅が売れるまで販売元はリスクを抱え続けることになります。
しかし、建築条件付き土地であれば、施工会社は決まっているものの、購入者好みの住宅を建てることが可能です。建売住宅よりもずっと買い手がつく可能性が高いです。

また、人気の地域や好条件の土地は、建築条件付き土地にしても買い手がつきやすいです。
土地を売る利益だけでなく、住宅を販売する利益も確実に確保できることになります。

購入者側にも当然メリットがあります。
出来合いの家を買う建売住宅とは違い、自分好みのマイホームを手に入れられます。

◯建築条件付き土地のデメリット
やはり、施工会社を選べないのが最大のデメリットです。

ハウスメーカーや工務店によって、家の雰囲気も得意不得意も異なります。
指定された施工会社では、自分の要望を満たせないかもしれません。

販売側も「建築条件付き」がデメリットとなることは重々承知の上です。土地広告の中には「建築条件無し」がアピールされているものがあることからも明らかです。売れにくいと判断された土地は建築条件を付けずに販売されています。

◯建築条件付き土地を購入する時は
依頼先を選べないのがネックではありますが、指定された施工会社をよく調べてみて、好みに合いそうなら全く問題ありません。
土地と施工会社を同時に決めることができ、建売住宅よりもずっと自由度も高いです。ハウスメーカーや工務店を探してまわる手間も少なく、スピーディに家造りを行うことができます。