家を建てるなら建売住宅?注文住宅?

建売住宅と注文住宅の違い

同じ新築一戸建てでも「建売住宅」と「注文住宅」の2種類があります。
土地と建物がセットになった建売住宅と、オーダーメイドで作る注文住宅では、どちらが優れているのでしょうか?
今回はこの2つの違いと、それぞれの持つメリット・デメリットについて解説してゆきます。

契約・手続き上の違い

建売住宅は土地と住宅がセットになった商品で、土地はハウスメーカーなどが決め、建物の内容も既に決まっています。土地と住宅がバラバラに売られることはなく、購入の際は必ずセットで買うことになります。一戸建てではありますが、手続きや契約は分譲マンションを購入するのと感覚的に近いです。
気軽に購入、とはなかなか言えませんが、購入にかかる手間や時間は少ないです。

一方、注文住宅の購入には時間や手間がかかります。契約等の手続きを何度も行う必要があります。
まず、土地を所有していない場合は、土地を探し、購入のための売買契約が必要になります。家を建設する前には、住宅を建てる工事を請け負ってもらうための工事請負契約が必要になります。ハウスメーカーによっては、見積もりを出す前後に別に契約書を交わさなければならないところもあります。
契約手続きだけでなく、説明や打ち合わせにも膨大な時間を必要とします。

金額の違い

建売住宅と注文住宅を比較する際、特に注目されるのがコストの部分です。

一般的に、建売住宅の方が安いです。
建売住宅はハウスメーカーなど企画する側が、ターゲット層や金額を設定して造られます。住宅がきちんと売れるように、買いやすいであろう金額に合わせた住宅となっています。
建売住宅に使われる土地は、まとめて購入し、分割して上で販売するため、土地購入のための費用を抑えることができます。
また、そこに建てられる住宅は、外観以外はほとんど同じ内容です。1軒あたりの設計・デザインのコストを抑えられます。また、建材もまとめて仕入れることができるため、安く抑えることができます。

注文住宅の場合、まとめて作る建売住宅に比べると、基本的には高額になりやすいです。
ただ、注文住宅の内容は購入者が決めることができます。どんな家になるかは購入者次第で、金額についても同様です。
建売住宅の場合、不要な部屋や設備があっても、削ることはできません。しかし注文住宅であれば、不要な部分を削ったり、安価な資材に変えたりなど、コストカットのための変更を行うことが可能です。
上手にコストカットを行えば、建売住宅よりも費用を抑えることも可能です。

参考:家を建てる費用

家の自由度

当然、注文住宅の方が圧倒的に自由です。建築会社の得意不得意や、法律による制約はありますが、自分好みの住宅を建てることができます。

建売住宅でも、壁紙決めたり、キッチンなどの設備を選んだり、多少の意見が反映できることもあります。オプションを追加して、自分好みにある程度カスタマイズできる建売住宅の中にはあります。
しかし、既に住宅が完成している場合は手を入れようがありません。また、間取りを変更したり、部屋数を変えたりなどの大幅な変更はできません。

また、建売住宅の場合、隣近所も同じような家になります。外観は多少違えど、中身はほとんど同じです。町並みとしては統一感がありますが、個性はありません。こだわりのマイホームや、個性を求めている人には向きません。

入居までの時間

建売の場合、購入を決めた時点ですでに工事が始まっているか、既に住宅が完成しています。
完成している場合は、手続きさえ終わってしまえばあっという間に引っ越しできます。まだ工事が続いている場合でも、予定変更などによる遅れの心配もほとんどないため、短期間で入居が可能です。

注文住宅は入居まで非常に時間がかかります。
土地の購入も行う場合は、土地探しから購入にも時間がかかります。
依頼先を決め、プランを練り始めてからも相当の時間を要します。どんな家にするか、間取りや内装はどうするかなど、担当者と何度も話し合いを重ねることになります。建築会社側からの説明事項も建売住宅に比べてずっと多いです。
打ち合わせは土日に行われることが多いため、しばらくの間休日が潰れることになるのは覚悟しましょう。
いざ工事が始まっても、建売住宅ほどスムーズに行きません。途中で変更や修正を行えば、その分入居が伸びることになります。

見えない部分にあるリスク

建売住宅では、契約時点で工事が進んでいたり、既に建物が完成していたりします。購入者が見られるのは、基本的に完成した建物だけです。
家の基礎や、壁や屋根の断熱工事や防水工事の状況を直接自分の目で見るのは難しいです。工事に関わっている職人の態度や手際を確認するのも困難です。

注文住宅の場合、ゼロから工事の状況を観察することができます。素人目に判断できることは多くありませんが、工事をする側も、見られていることを意識しやすい環境です。
手抜き工事や欠陥工事のリスクは、注文住宅の方が少ないといえるでしょう。

入居後の違い

住宅を良い状態に保ち続けるには、定期的なメンテナンスがかかせません。
建売住宅でも、注文住宅でも、ハウスメーカーなどが購入後のメンテナンスを行ってくれる点は同じです。

そして、メンテナンスは必須ではありますが、工夫次第で回数や手間を抑えることもできます。注文住宅であれば、構造や間取りに工夫をして、清掃やメンテナンスをしやすい環境にしたり、内外装材を変えて回数を減らしたりできます。初期費用は高くなることもありますが、長期的にみるとコストを抑えられる可能性もあります。
このように、長い目で考えた工夫をできるのも注文住宅のメリットです。

建売住宅と注文住宅、どちらが良いのか

建売住宅にも注文住宅にもそれぞれメリット・デメリットがあり、一概にどちらが優れているとは言い切れません。
現在の状況や、将来の生活を考えながら、どちらが良いのかをよく話し合って決めるようにしましょう。

▼注文住宅の相談ならスーモカウンター